NOSAI神奈川
WELCOME
 
今も昔も、そして未来も人々の生活を支えるのは農業であるということ。
21世紀が実りの多い、豊かな時代でありますように、NOSAIは、日本の農業を支える農家の皆様とともに新しい時代の農業を耕し、大きく育てていきます。

・NOSAI団体は農業災害補償法に基づいて設置されている農業団体です。

・NOSAI制度は、台風や冷害、干害等による農作物被害、生産財としての家畜の死亡時など、農家経済の損失を素早く補てんする制度です。

NOSAIの理念
農業は 緑 土 水 を守り豊かな食料を供給する産業です。
わたくしたち農業共済はみずからの知と技を磨き信頼の絆によって損害の防止と補てんに努め日本農業の進展とうるおいのある社会づくりに貢献します。

◎事業実施が法律(農業災害補償法)で義務付けられています。
農業は自然条件に依存し、不可抗力的な災害で大きな損害を受けやすいことから、 国の災害対策の一環として政策的観点から作られた制度です。

◎国の政策保険として必ず加入しなければならない事業があります。
農業共済制度が広く普及するように、さらに一般保険では成立しがたい事業のため、 多数の農家からの加入が必要で、危険分散を図るという目的からも、農作物共済(水稲・陸稲・麦耕作者) では当然加入の制度を設けています。

◎共済掛金や運営に必要な経費に大幅な国の負担があります。
建物共済を除き、農家が負担すべき共済掛金の一部や、組合が事業を運営するための主な経費について、国が多額の財政負担をしています。

◎補償の対象となる事故は、原則として全ての自然災害となっています。
農業災害は予知しにくい上に広範囲に発生しやすい特徴があることから、 原則として全ての自然災害を補償の対象にしています。 このほか、病虫害、鳥獣害も含まれています。詳しくは「ご利用ください。NOSAI制度」をご覧ください。

◎損害防止活動を積極的に実施しています。
農業災害に対する損失の補償という本来の機能の他に、農作物・蚕繭・家畜共済では、 損害防止活動を積極的に推進し、地域の農業振興に寄与しています。

◎業務内容
農業災害補償法に基づき、農作物共済、家畜共済、果樹共済、畑作物共済、園芸施設共済、建物共済、農機具共済の7事業について保険事業を実施し、地域農業の経営安定と農業生産の発展に寄与しています。

◎所在地
〒259-1141 神奈川県伊勢原市上粕屋43-2
TEL:(0463)94-3211
FAX:(0463)92-5830